ツイッターの裏垢で知り合ったJKと、メッセージの交換に成功しました。
金銭的な条件があるため、早めにやりとりができることはわかっていました。
それでも、知り合えたことに激しい感動と興奮を覚えてしまいました。
「条件はどのぐらいなの?」
「ホ別2でお願いしたいって思ってるんですけど」
「それなら問題ないよ」
これは相場額の範囲です。
この程度で、素人のJKとパコパコできるのです。
素人童貞卒業が間近に迫っているの感じました。
「最近は冷やかしもとっても多くて、ドタキャンされることもあるんです。それで、安心して出会いたいから先払いでお願いできませんか?」
それは、アマギフ2万円分を先に渡して欲しいというお願いでした。
「そうすれば、どんなことしてもいいですよ」
この言葉に、心臓が鷲掴みにされました。
彼女の提案に従うことにしました。
ネットでギフト券を購入。
そこに書かれているコードを相手に伝えてありました。これで素人の女の子と援交決定だと思いました。
しかし、問題はそこからでした。
相手の女の子からメッセージがやってきません。
やっとセフレになれると思っていたのに、少しも連絡が来ないのです。
幾らなんだって遅いなと思いメッセージを送信。
しかし、返信が来ませんでした。
いつしか相手のアカウントがなくなっていました。

 

 今では社会人になった大学の先輩からの連絡でした。
「酒に付き合えよ」
と誘われたのです。
久しぶりに先輩と飲みに出かけることになりました。
酒の席で、ギフト券送信をして、連絡が取れなくなった話をしました。
「お前な、それ典型的じゃねえか、ギフト券詐欺だよ」
と言われてしまったのです。
「詐欺?マジ?マジっすか?」
頭の中は大困難でした。
「最近やたら多いんだよ、この金券詐欺って」
顔をしかめながら先輩は話します。
「先払いをさせておいて、あとはドロンって!騙される奴も多いからね」
その騙される奴のひとりが自分でした(泣)。
「でもよ、お前よく考えてみなよ。18歳未満に手を出したら犯罪なんだぜ」
この瞬間、現実は自分に押し寄せてきた感じです。
確かに、この年齢では犯罪行為になってしまいます。
「マジで発覚して、逮捕なんてし結構多いんだからな」
そういつつ、身近で起こった事件を話し始めました。